このブログの大半は萌えでできてます。

アニメ、漫画、ゲームなど、いろんなものに萌えているミドリの日記です。少女漫画からBLまで幅広く萌えてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

BLとヨネダコウさんと私。

Dramatic CD Collection どうしても触れたくないDramatic CD Collection どうしても触れたくない
(2009/03/27)
イメージ・アルバム野島健児

商品詳細を見る
商業作のイラストではやはりこの絵がダントツで美しい気がします。


ご存知の方も多いかと思われますが、私はヨネダコウさんの大ファンです。
山田ユギさんや日高ショーコさん、山本小鉄子さんなど、大好きな作家さんはほかにもいますが、
やはりヨネダさんは別格です。
なぜなら、ヨネダさんは私をBLに引きずりこんでくださった方だから。
私がブログを開設にしたにあたって、やはりいつかはヨネダさんについて語りたいなぁと思っていたので(それはもう同人誌から何から何まで)
今回はヨネダさんの出会いについて語りたいと思います。


私はもともとゲーオタ、アニオタでした。
だからゲーム、アニメ関連の二次サイトはのぞいていたんです。
でも、NLのみ。BLなんてとんでもない!と思っていたんです。
そして小さいころからのWJ読者でしたから、もちろんWJ関連の二次にもハマっておりました。
もちろんNLでね。銀魂の沖神とか大好きでした。
そして出会うべくして出会ってしまったリボーン。
第何話だったか…ヒバリ様が登場なさったのです。
ツンデレ好きの私はまんまとヒバリ様の魔の手に堕ちました。
そしてそこからリボの二次サイト徘徊を始めたのですが・・・
よーく考えると、リボには魅力的な女子がいません(笑)
誰ともヒバリ様を絡ませたくなかったのです。
だから、ヒバリ様単体で萌えていたのですが、ある日ディノヒバを見つけてしまいました。
私が初めてBLに萌えた瞬間でした。

「イイ…!ディノヒバ、イイ!!」

それでもまぁ似非BLスキーだったので、チューとかエッチとかとんでもない!という状態でした。
ちょっとヒバリ様がディーノに対してデレを見せてくれるだけで十分萌えに萌えておりました。
その後ちょっとずつ成長して、ついにチューまでは見られるようになりました。


そしてある日、“ヒバリ受けサーチ”なるものでネサフしておりましたら、辿り着いた一つのサイト。
そこにはカッコいい山本とツンツンデレデレのヒバリ様がいました。
山ヒバなんて眼中になかったけれど、ヒバリのデレ具合と、山本の包容力に、ヒバリの相手は山本しかいねぇ!!と目からウロコでした。

それがヨネダコウさんの『ニトロ攻鉄』だったのです。

そのサイトにはヨネダさんの同人誌の表紙イラストやら、その他の山ヒバイラスト、そして同人誌未収録の山ヒバ漫画まで掲載されていました。
その他にも、トッキュー!とかおお振り(アベハルだったんだよ!)のイラストまでありました。
(そういえば私はヨネダさんのアベハルイラスト見ておお振り読みだしたな・・・ちなみに今はハルアベスキーだけど。)
同人誌なるものの存在は知っていたけど、こんなに欲しいと思うのは初めてで、ついにアニメイトへ赴き、手にとってしまいました。
それが『initiative』でした。
もうエロエロツンツンデレなヒバリにメロメロな私。
こうしてしばらくヨネダさんの同人誌を買い漁る日々に突入。


そして2008年9月、私に転機が訪れます。
ヨネダさんが商業コミックスデビューなさったのです!!
もちろん発売日、私は神戸の本屋にダッシュしましたよ。
初めてのBL作品だったので、まずどこに置いてるのかわからない!!
(※その書店は今一番利用させてもらっている店なのですが、BLの取り扱いが豊富すぎることに後々気づきますw)
30分ほど徘徊してようやく見つけたコミックスですが今度は買う勇気が出ないんですww
レジに持っていこうか悩み、ウロウロして…ようやくレジに持って行けました。
(今では裸の表紙を10冊ほど抱えてレジにボーン!な自分。初々しかったなぁ…)
帯の木原さんの推薦文も今となってはすげーな!と思いますが、当初は誰コレ?状態ww
ただ家に持って帰って読んで、やはりヨネダさんは凄い作家さんだと確信したのでした。
そして、ヨネダさんがさまざまなブログですごい評価を得ていることを知り、
そうやってネサフしているうちにちるちるにめぐりあい、今に至るわけです。

今では「萌えー!!」とふつうに叫べるようになった腐女子・ミドリですが、
初々しい時代もあったものです。
そして、あの時リボにハマり、ネサフし、ヨネダさんに巡り合えたことをとても幸せに思っています。
そういえば、ヨネダさんが商業デビューしてからヨネダファンになった方からもよくお声をかけていただきましたが、
ニトロ攻鉄に掲載されていた漫画を読んだことのある方は少ないようで、そういうところでは同人時代から追ってきてよかったなぁ…と思わされる瞬間だったりします。

ヨネダさんは、間で語れる数少ない作家さんだと思います。
簡単に答えをポンっとくれるわけではなく、読者に深く読み解かせる、そうすると答えは置いてあるんですよね。
本当にお話作り、雰囲気作りにおいて天才だなと思わされます。
今後はBLの枠を超えて活躍する作家さんになるのではないかと思っています。


なんか話がズレてきたのでこのへんで。
そのうち好き同人誌ランキングとかもしたいなwwww
超自己満足ですが、書いてて凄い楽しいんだ!



[追記]
このイラスト見てると・・・
やっぱり外川×嶋、好きだなーって思ってしまう。
小野田×出口のほうが好きだと思ったんだけど・・・
あかん、やはりこの二人好きだわ。
見てよ、この「どうしても触れたくない」って言いながらおずおずと外川の差し出した手!!
触れるか触れないかくらいの微妙な距離感・・・
た・・・たまら~ん!!!!!
怖がりな嶋とか、心の中にズケズケ入ってきといて嶋のことが可愛くてしようがない外川さんとか
あかん再萌え…!!ちょ、また読み直してくる・・・!!
[ 2009/12/09 18:15 ] BL漫画 | TB(0) | CM(8)
ちは。いやぁ~なんちゅう美しい絵なんざんしょ。
もうこれはコメを残さねば・・・
ほんと語りつくせないぐらい、いいよね、ヨネダさま。
ほんと今年の私の一番の収穫はヨネダさまとの出会いだったと思う。
知らないまま死なないでよかったぁ~と思うぐらいに、好きです。
こうやって、同じ想いの人がいて、一緒に好きだね~って言えるってほんと幸せ。
あとミドリさんのヨネダさまへの経路を知る事が出来てほぉ~って感じでした。
(でも前確か聞いたよね?私忘れてる? 笑)
願わくば、ヨネダさまの新刊が早く出て欲しい。
でも私はいつまでたっても、嶋くんと外川さんから逃れられないんですよね。
何回読みなおしても泣いちゃう、良い話です。
ミドリさんの同人誌ランキング是非☆
楽しみに待ってます。
[ 2009/12/09 20:04 ] [ 編集 ]
同じヨネダスキーとしてこれからもよろしくです!
いやぁホント、ヨネダさんはいつまでたっても別格ですね。
ブログの更新が月1くらいのペースなので、今何をされているのか心配になっちゃうのですが、
早く次の作品読みたいなー
まぁ一番の希望としては、山ヒバにもどってきてくれたら一番なんだけど。
同人誌ランキング、またいずれやる予定だから、その時は見てくださいね!
[ 2009/12/09 20:33 ] [ 編集 ]
なんていうか、いろんな奇蹟がすごく素敵です…っ
ミドリさんのディノヒバ熱を覆すほどのヨネダ先生威力とか(※こんなこと書いておいて、私はリボーンを知りません)、そこにたどり着いたミドリさんと先生の間の糸(色は…やっぱり赤ですかね…!?)とか…!

私もヨネダ先生のデビュコミはリアルタイムで入手しましたが、私の場合100パー偶然でした…
「あ、なんかこの表紙よくない?よしコレ買お。おっけー!」みたいな… (失礼
私も当時は木原先生のBL界での位置的なものは全く知りませんでした。てゆか一冊作品を持っていたくせに著者をチェックしていなかったというギャグ!

もうミドリさんの愛がガチすぎて軽く鼻を啜ってしまいました。
私も、もう三次元男子に対しては諦めていますが、作家さんに運命的な出会いをしたいです…!
[ 2009/12/09 21:53 ] [ 編集 ]
ミドリさんこんばんは^^

山ヒバ同人感想を求めている時にちるちるのミドリさんレビュに出会って・・・今の流れがあるんですよね!
そう思えばヨネダさんのおかげでミドリさんとお知り合いになれたので、そういう意味でもヨネダさんありがとうございますです^^

最近ヨネダさんのブログ更新ないですし、仕事も・・・なので、また作品が読みたいですね!「俺恋~」の一日も早いコミックス化を切望しておりました><
とりあえず、気持ちを静めるために小野田出口のドラマCD部分聞きます。(余計高ぶりそうですが・笑)
[ 2009/12/09 22:21 ] [ 編集 ]
伊吹さん、コメントありがとうございます!
そうですね~赤い糸wあるといいんですけどね。
愛はほんとにガチですよ!!
これからもブログで愛を叫びま続けますが、よろしくお願いします(笑)

それより伊吹さん!アナタまだお若いんですからw三次元男子に失望せず頑張りましょうよ!!w
[ 2009/12/14 13:26 ] [ 編集 ]
美鳥さん、ありがとうございます!
そうですよね、ヨネダさんがいたからこそ、私も美鳥さんと出会えたし、
ほかにもたくさんの方と出会えたんだと思います。
ヨネダさんに感謝!!です。
それにしても次の作品はいつでしょうねぇ・・・楽しみに待っているファンも多いですもんねー
私も小野田×出口本読んで気持ち上げとこうww
[ 2009/12/14 13:28 ] [ 編集 ]
はじめて、ちるちるさんでレビュー拝見させていただいてます。ブログにもおじゃまします。

私もいろいろ好きな作家さんはいますが、ヨネダさんは別格ですよ~。
新人にして殿堂入りです。もう一生ついて行く~!!
思えばちるちるで『どうしても~』を知り、はまって、ミドリさんの山ヒバレビューを読んだのがきっかけに本格的に腐りました。
速攻で同人誌に手を出してしもうた、、。
ウフフ、ミドリさんあなたのせいよ、、。
もう、ヨネダさんのブログを毎日チェックし、好きすぎて自分でも引くくらいです(笑)
ミドリさんとヨネダさんについて語りあいたいなあ~、、多分ウザイよ自分。
因みに一番好きなキャラは出口!!う、でもヒバリ様もそーとー好きだし、、前髪切った嶋くんも可愛いすぎだし、、(つーか受け好き?自分)やっぱ一番決めるの無理!!
[ 2009/12/19 01:22 ] [ 編集 ]
megさん、こんな辺境ブログまでお越しいただきありがとうございます!
ちるちるではお話させていただきましたが、こちらでは初めてですねーホントありがとうございます。
私もヨネダさんのこと語りだすとかなりウザイと思いますよ(笑)
でもヨネダファンの方とは絶対一度会って熱く語り合いたいと思っています!
のでぜひいつかお会いしましょうね★
私も出口さんとヒバリが大好きです。もちろん嶋くんも山本も小野田も外川も好きだけど、
痛々しいくらい攻のことが大好きな受とか、
自分の気持ちを必死に押し殺そうとしているので「好き」があふれ出てしまっている受とか(笑)
大好きなんですよねーーー
もう可愛くて可愛くてたまらないです!!
[ 2009/12/26 12:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ミドリの生態

ミドリ 

Author:ミドリ 
腐れ女・ミドリの日記です。
主に雑談かBLの感想。
男同士の恋愛について、また18禁発言多々ありますのでお気を付けください。

好きな作家さんはヨネダコウ、山田ユギ、嶋二、SHOOWA、日高ショーコ、山本小鉄子、門地かおり(敬称略)
最近はBL小説も読みます。小説は榎田尤利、高遠琉加、英田サキ、かわい有美子、崎谷はるひ(敬称略)あたりを読みますが、まだまだです。
ちなみに好き声優さんは中村悠一、鈴木達央、杉田智和、鳥海浩輔、神谷浩史、関智一(敬称略)など…

つまらないブログですが、リンクフリーです。
報告はいりませんが、ご一報いただけるとめちゃくちゃ喜びます。



最近読んでいるのはこの本です
ミドリの最近読んだ本

ミドリの今読んでる本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
ミドリの予定表


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。